あーさーのひとりごと

交通・社会について駄文を書き連ねる

JR北海道785系電車300番台(改造車・旧NE-105編成)@苗穂

2009年夏頃から話題になっていた785系の旧NE-105編成だが、最近になってJR北海道苗穂工場にて改造が施され、函館〜八戸間の特急「スーパー白鳥」用789系基本番台の増結車になったとのことだ。

このNE-105編成は、2002年、スーパーホワイトアロー時代の編成組み替えの際、余剰になり保留車になっていたもの。
種車は元クモハ785-105+クハ784-5の2両編成(画像は逆になっている)であり、それぞれモハ785-303+クハ784-303へと改造された。

モハ785(旧クモハ785)は、かつてあった運転台を撤去、乗務員扉と窓を完全に塞ぎ、クハ側の扉も塞いで1扉車としている。
クハ784は、先頭の貫通扉を改造し、方向幕を設置した(ちなみに785系のLED式前面方向幕は運転台前面の窓に設置されている)。また、前頭部全体を789系基本番台と同じような萌黄色に塗り、NE-105時代に前面窓上に取り付けられていた導風器は取り外された模様(追記:導風器はついていました)

2両とも、客用扉の萌黄色と青の塗り分けは789系基本番台のそれと同様のものになった。また、側面の方向幕は幕式からLED式に換装されたように見える。
内装については見ることが出来なかったが、789系基本番台と合わせたものに入れ替えてあると思われる。足回りも何らかの手が加えられている可能性が高いだろう。

2両編成であることから、789系HE-300の2編成と同様に、青森方に連結され使用されるものと思われる。今年、2010年12月には新青森まで東北新幹線が開業する予定だが、青函特急に何か変化があるということなのだろうか。

何より、余剰となっていた編成が再び活躍の機会を与えられたのは評価すべきだと思われる。